個人情報を不正入手する悪質探偵

こんにちは。編集のWです。
このサイトはよりニュートラルな視点で、探偵とか興信所に関するお役立ち情報をUPします。特にパートナーの浮気や不倫などでお悩みのかたは、疑惑の解決にお役立てください。今回は特集「悪質探偵の手口」シリーズの2回目、「個人情報不正入手の構図とからくり」についてご説明します。

簡単に出来てしまう「個人情報の不正入手」

“電話番号からの身元確認!”
“消費者金融の利用状況確認!”
“クレジット利用状況の確認!”

広告などで、このような業務をうたい文句にする探偵社を見かけたことがありませんか?そんな重要な他人の個人情報を一体どうやって入手するのか、普通に暮らしている一般人にはナゾですよね。「本当にそんなことできるの?」とにわかに信じがたい話です。でも、出来ちゃうんです。割と簡単に。

もちろん違法行為です。他人の個人情報を不正に入手するのは立派な犯罪。SNSが浸透した今日では、アカウントとパスワードを不正に入手して、他人のFacebookを盗み見した容疑でも、バレたら一発でアウト。逮捕されて全国ニュースに名前が報じられることも珍しくありません。
それでも裏社会では話は別。悪質な探偵(興信所)に頼めば、戸籍や住民票から預貯金残高、職歴までありとあらゆる個人情報がやすやすと入手できてしまうのが実情なのです。

アンダーグラウンドの住人「情報屋」

悪質な探偵はいわゆる「情報屋」とよばれる人種と繋がっています。情報屋は、情報提供者から、世の中のありとあらゆる個人情報を集めて商品としています。そして、おおもとの情報提供者は、個人情報を扱う企業や公的機関で働いている、ごく普通の従業員だったりします。


近頃ニュースにもなり世間を騒がせたのが、ベネッセ(進研ゼミ会員)の個人情報流出ですね。たしか情報を流出させたのは関連会社の従業員だったと思います。ベネッセだけでなく、ここ1~2年を見ても、「ハローワーク非常勤職員による職務経歴の漏えい」、「携帯電話販売店員による契約者情報の漏えい」、「警察官による車両情報の漏えい」など、検挙された案件は枚挙にいとまがない感じです。

これらの漏えいした個人情報は「情報屋」の元に渡り、更に「情報屋」間でも高額で取引されます。悪質探偵は、必要な情報があれば、情報屋にコンタクトをとれば簡単にゲットできるという訳です。

個人情報不正入手の構図とからくり:まとめ

〇 世の中には悪質探偵や情報屋、その他ヤバめの魑魅魍魎たちがたくさんいます。

〇彼らは違法行為をビジネスとしているわけですが、忘れてはいけないのが、裏社会の住人である彼らと関わるとあなた自身も犯罪者になりかねないということです。

〇そればかりか、あなた自身いいカモとして高額なお金を巻き上げられる可能性もあります。

〇とにかく、少しでもあやしいと思ったら、こういった人種には関わらないにこしたことはありません!



初めての浮気調査におすすめします。
まずは無料のオンライン探偵紹介サービスから



街角探偵相談所《無料オンライン探偵紹介サービス》
街角探偵相談所

〇 相談・概算見積り 何度でも何社でも無料
〇 コンシェルジュが、あなたの悩みを徹底サポート。
〇 紹介するのは基準をクリアした安心の探偵社のみ。
〇 このサイトからの紹介で、定価の20~40%OFFも!
〇 他社の見積の提示で、より安い探偵社をご紹介。

気調査の探偵(興信所)探し、それでもまだ迷っているかた、多いと思います。「もっと安くて、いい感じの探偵社があるんじゃないか」「自分の住むエリアに近い、優秀な探偵社って他にないかしら?」

でも「自分で探そう」とPCで検索しただけで、誰もが一瞬途方に暮れるはず。(なにせ日本には、H24年末のデータで5500社以上の探偵社があるのですから!)この中には少なからず悪徳業者も混じっていますし、初心者のかたが適当に探偵社を選ぶのは危険と言わざるを得ません。

そんなかたにまずおすすめしたいのが、探偵の無料マッチングサイト「街角探偵相談所」。まずはサイト内にある、「浮気・不倫調査無料シミュレーター 」を試してみましょう。わずか30秒で、あなたにぴったりの探偵社を無料匿名査定してくれます。ゲーム感覚で誰でも簡単にできますので、何も考えずにまずはトライしてみましょう。この無料シュミレータ―からの 月間相談者数は2000人を突破 しているくらい、大人気のサービスですよ。