はじめての探偵選び⑤

こんにちは。編集のSです。
このサイトはよりニュートラルな視点で、探偵とか興信所に関するお役立ち情報をUPします。特にパートナーの浮気や不倫などでお悩みのかたは、疑惑の解決にお役立てください。今回は「あらかじめ依頼者側が準備すべき心構え」についてご説明します。

繰り返しになりますが、調査がいかにスムーズにいくかは探偵と依頼者の二人三脚がカギとなります。どんなに優秀な探偵でも、手がかりゼロから情報を探しだすのは難しいものです。依頼したら全てをおまかせではなく、当事者としても可能な限り事前情報や各種資料を準備するだけで調査が格段にスムーズに進行しますし、それは、そのまま調査期間、調査費の削減にもつながるはずです。以下、依頼者が持つべき心得を3つまとめました。

調査をスムーズにすすめるために、
依頼者が準備すべき3つの心得

Point①
調査目的、利用目的を明示する


依頼者からの相談時に、探偵がまず気にするのは「この調査の目的はいったい何だろう?」という調査目的です。目的がはっきりしない調査は探偵としても受けずらいのが率直な心情でしょう。
あとは「調査結果を何に使うのか?」という利用目的。探偵社としても何も考えずに仕事を受けて、結果的に犯罪に巻き込まれたりしたらたまったもんじゃないですからね。だから「夫の浮気調査」なんてのは一番、単純明快ですし探偵としても安心なわけです。

Point②
こちら側の情報を正確に開示する


探偵業法では、調査依頼の契約を結ぶ際に、業者側には重要事項説明などが義務付けられているし、依頼者側にも利用目的の明示や身分証明などが必要となっています。これは社会ルールに従ったビジネスとしての契約であることを意味し、決して犯罪や反社会的な調査ではない正当性の裏付けとも言えます。
運転免許証など身分証明書の提示を求められたら不必要に隠すことなく堂々と提示することが大切です。

Point③
あらかじめ役立ちそうな事前情報、各種資料を整理、用意する


調査がいかにスムーズにいくかは探偵と依頼者の二人三脚がカギ。調査にかかる前に、自分がもっている情報を積極的に探偵に提供していくことが重要です。提供する情報は時系列に整理し、あらかじめ箇条書きのメモとしてまとめておくと便利です。探偵にとっても非常に役立つ武器になります。


あなたへのワンポイント・アドバイス…

〇事前に相談内容をペラ1枚にまとめておくと、探偵社へ相談に行った際もあわてず上手く相談できる!

〇相談の際は、まず落ち着いて、冷静で客観的な心理状態を取り戻しておく!

〇その場で即決せず、一度持ち帰って検討すること!後日あらためて契約するくらいの余裕が必要。



初めての浮気調査におすすめします。
まずは無料のオンライン探偵紹介サービスから



街角探偵相談所《無料オンライン探偵紹介サービス》
街角探偵相談所

〇 相談・概算見積り 何度でも何社でも無料
〇 コンシェルジュが、あなたの悩みを徹底サポート。
〇 紹介するのは基準をクリアした安心の探偵社のみ。
〇 このサイトからの紹介で、定価の20~40%OFFも!
〇 他社の見積の提示で、より安い探偵社をご紹介。

気調査の探偵(興信所)探し、それでもまだ迷っているかた、多いと思います。「もっと安くて、いい感じの探偵社があるんじゃないか」「自分の住むエリアに近い、優秀な探偵社って他にないかしら?」

でも「自分で探そう」とPCで検索しただけで、誰もが一瞬途方に暮れるはず。(なにせ日本には、H24年末のデータで5500社以上の探偵社があるのですから!)この中には少なからず悪徳業者も混じっていますし、初心者のかたが適当に探偵社を選ぶのは危険と言わざるを得ません。

そんなかたにまずおすすめしたいのが、探偵の無料マッチングサイト「街角探偵相談所」。まずはサイト内にある、「浮気・不倫調査無料シミュレーター 」を試してみましょう。わずか30秒で、あなたにぴったりの探偵社を無料匿名査定してくれます。ゲーム感覚で誰でも簡単にできますので、何も考えずにまずはトライしてみましょう。この無料シュミレータ―からの 月間相談者数は2000人を突破 しているくらい、大人気のサービスですよ。