離婚裁判で必須となる、確実な証拠写真とは?

こんにちは。編集のOです。
このサイトはよりニュートラルな視点で、探偵とか興信所に関するお役立ち情報をUPします。特にパートナーの浮気や不倫などでお悩みのかたは、疑惑の解決にお役立てください。今回は「離婚裁判で証拠となる浮気現場の写真」について。

実際に探偵に浮気調査を依頼する人の目的は、離婚と慰謝料を前提としたケースと、夫婦間の関係を修復するための材料とするケースの主に2パターンあって、8割のひとは後者を希望しているというお話を以前しました。
>>参考 : 浮気調査、でも依頼者8割は最終的に関係修復を希望。

今回の話は、その後者のほう。つまり結果次第では離婚も覚悟しているかた。どうせ離婚するのであれば、裁判も有利に進めたうえで、慰謝料だってもらえるだけはもらいたいはずです。その場合は裁判で「相手側に明らかな不貞行為があった証拠」が必要になります。つまりは「浮気現場の決定的な証拠写真」が必要になるのです。以下で、裁判で使える浮気の証拠写真がどんなものである必要があるのか、簡単にご説明します。

浮気裁判で証拠に使える写真と使えない写真。
何より重要なのは「客観性」です!

NGサンプル
証拠として使えない写真の例


例えば調査対象者が女性と2人で仲良く食事しているシーンが撮影できたとしても、これでは正直、証拠写真としては弱いようです。(たとえ前後の状況からして明らかに「浮気している」と疑われる関係であったとしても。)対象者が「いや、これはお世話になっている取引先と仕事帰りに食事しただけです。」といえば、「そうですか。」で終わりです。

OKサンプル
証拠として使える写真の例


つまりハッキリいえば、裁判の場で使える浮気の証拠は、「2人でホテルまたは自宅から出てくる瞬間」のように、誰が見ても明らかに「浮気してる」写真でないとダメだとのこと。裁判では裁判官が双方の主張をロジカルかつ客観的な視点で判断するもの。当然ながら証拠も客観的になるものを準備する必要があるのです!


まずは無料のオンライン探偵紹介サービスから



街角探偵相談所《無料オンライン探偵紹介サービス》
街角探偵相談所

〇 相談・概算見積り 何度でも何社でも無料
〇 コンシェルジュが、あなたの悩みを徹底サポート。
〇 紹介するのは基準をクリアした安心の探偵社のみ。
〇 このサイトからの紹介で、定価の20~40%OFFも!
〇 他社の見積の提示で、より安い探偵社をご紹介。

気調査の探偵探し、それでもまだ迷っているかた、多いと思います。そんな人にまずおすすめしたいのが、探偵の無料マッチングサイト「街角探偵相談所」。まずはサイト内にある、「浮気・不倫調査無料シミュレーター 」を試してみましょう。わずか30秒で、あなたにぴったりの探偵社を無料匿名査定してくれます。毎月の利用者数が2000人を超えるくらいの人気サービスだそうです。