妻の浮気が発覚!相手が誰か気になってしかたない!

妻の浮気相手はどんな男?

妻の浮気相手
今の時代、妻の浮気や不倫は珍しい話ではありません。ひと昔前は、浮気や不倫といえば男側の話。妻は夫に裏切られて気の毒な被害者…というようなケースが大半だったと思いますが、時代は変わりました。いや、そもそも妻の浮気は、夫の浮気ほどではないにしろ、昔から一定の割合であったはずです。例えば女流作家の宇野千代さんは数多くの男性と浮名を流したことで「元祖肉食系女子」として有名ですし、瀬戸内寂聴さんなんて夫の教え子と恋に落ち、夫と当時3歳の長女を残して家を出るという、「元祖ゲス不倫」の過去をお持ちです。割と最近の話でいえば、元モーニング娘の矢口真理のあの事件なんて記憶に新しいところではないでしょうか。大っぴらにならないだけで、妻の浮気が発覚して悩んでいる男性は意外と多いようです。もしかしたら、今この記事を読んでいるあなたや、あなたも、その一人かもしれませんね。

夫からのSOS「妻の浮気相手を調べてほしい!」探偵にも相談が急増中。

妻の浮気相手
現に探偵(興信所)にも、「自分の妻の浮気が発覚したけど相手が分からない。妻の浮気相手がどんな男なのか調べてほしい」という夫からの相談が急増しているようです。はたして妻の浮気の相手は誰なのか?自分の知っている男?職場の同僚?それとも飲み屋で知り合った行きずりの男?想像ばかりがアタマを巡りモヤモヤするものの、自分では中々調べようがないのも事実。そういった方が、意を決して、探偵(興信所)に相談されているようです。妻の浮気相手は、探偵(興信所)を使って浮気調査をすれば割と簡単に判明するでしょう。ただし、事前にある程度自分で相手に関する目ぼしを付ければ、妻の浮気調査も格段にスムーズに進めることができるはず。ここでは世間一般の事例として、浮気する妻を4つのタイプに分類し、それぞれ妻の浮気相手をイメージ抽出してみましょう。(参考文献:今野裕幸/「浮気がバレる男、バレない女」)

タイプ①「もっと大切にされたい」妻の浮気相手

妻の浮気相手
とにかく愛に飢え、優しさを欲している妻は、タイミングさえ合えば浮気に走ってしまう傾向があるようです。夫から優しくされていないで1人悩んでいる時、他の男性から優しい言葉でアプローチされたら、ついつい傾いてしまうのでしょう。このタイプの妻は浮気相手に多くを求めません。とにかく優しい男性。自分のことを女として大切にしてくれる男性ならOK。別にイケメンでなくても、金持ちでなくてもOK。だからこのタイプの妻の浮気する相手は「職場の上司」や「同僚男性」、「PTAなどで出会う頼もしくて優しい男性」などジャンルを問わず想定されます。

タイプ②「肉食系」妻の浮気相手

妻の浮気相手
夫にとって自分の妻が肉食系なんて考えたくないかもしれませんが、実際問題としてこういったタイプがいるのも事実です。何度も例をだして恐縮ですが元モーニング娘の矢口さんなんて、典型的な肉食系妻ですよね。こういった肉食系妻の浮気相手として、いわゆる「イケメン男性」や「社会的にステイタスのある男性」「クリエイティブな職業の男性」「芸術家やミュージシャン」などは大好物。このタイプの妻の浮気は、浮気相手の男性をわが物にして、アバンチュールを楽しみたいという思考に発展していくようです。

タイプ③「優柔不断」妻の浮気相手

妻の浮気相手
男女関係なく、優柔不断な性格の人は結構います。自分の意見をなかなか言えず、相手に嫌われないために、とりあえず相手の意見には同調する。相手からの誘いも断り切れず、ずるずると付き合ってしまう。そんな性格の妻だったら、例えば友人に誘われて参加した飲み会で、隣に座っていたノリのいい男性から「次、もう一軒、行こうよ!」と誘われたらずるずるとついて行ってしまう訳です。このタイプの妻の浮気は、優柔不断な性格が災いして、相手が押しの強いナンパ系の男性であればあるほど、ズルズルと浮気をしてしまうケースが多いようです。

タイプ④「寂しがり屋」妻の浮気相手

妻の浮気相手
夫の残業や単身赴任で、いつも1人きり。「まわりは楽しそうなのに、自分はいつも一人ぼっち」と、常に寂しさを感じている妻。このタイプの妻の浮気相手は、現実逃避の先にあることが多いようです。例えば、仕事で帰宅の遅い夫の行動を尻目に、寂しさを紛らわせるために、ついつい「出会い系サイト」で知り合った男性とコンタクトをとってしまう。相手なんて正直言って誰でもいいわけです。だからこのタイプの妻の浮気では、相手も特定のひとりではなく、出会い系サイトを利用して複数の男性と密会を繰り返すという特徴があるとのこと。毎日仕事で疲れ果てて帰宅する夫の知らないところで妻の浮気はどんどんエスカレートしてしまう、という何とも気の毒なケースです。

妻との関係再構築には、
まず妻を心から反省させること。

妻の浮気相手
妻の浮気・不倫を精算させるためには、まず本人に証拠を示し、その事実を認めさせる必要があります。夫から妻に対し感情的に問い詰めても失敗するパターンが多いです。それは妻のほうが夫よりも何枚も上手だからです。「お前、浮気してるだろ。相手は誰だ?」と聞かれても、「なぜわかったの?そう。あなたがいう通り私は不倫をしているわ。相手は〇〇さんよ。」なんて正直に答える妻なんてそんなにいるはずがありません。たいていは、「何バカななこと言ってるの?そんなわけないじゃない。そんなに言うんだったら証拠みせてよ!」といった具合に逆ギレされ、不毛な口論におちいるのが目に見えています。

だからこそ、妻の浮気・不倫の証拠は法定で争えるレベルの証拠でないと意味がありません。妻の浮気・不倫の証拠は、「誰が見ても、客観的に判断して、明白な浮気の痕跡を証明するもの」である必要があるのです。もちろんこういった証拠を集めるには素人では中々難しいのも事実。できれば妻の浮気・不倫調査を得意とする探偵(興信所)に相談したいところです。探偵の調査員はさすがに浮気調査のプロだけあって、慣れた感じでささっと調査をして相手をつきとめ、妻の浮気・不倫の証拠を集めた分厚い調査報告書にまとめてくれます。少なからずの出費は発生しますが、これも妻との関係を再構築するため。多少の金銭的余裕があるのであれば、プロの探偵(興信所)に相談するほうが、費用対効果としても間違いないと思います。

妻の浮気・不倫の証拠を押さえてくれる、おすすめの探偵(興信所)は?

念のため、妻の浮気調査について、安心して依頼できる探偵社を2つほどご紹介しておきます。正直いって妻の浮気調査を依頼する際に、探偵はこの2社でないと絶対ダメなわけではなく最終的には皆さんの相性とフィーリングで決めればいいと思います。以下2社はいずれも浮気調査の実力に関しては何の心配もないという点、あとは、世間一般的な探偵の浮気調査案件はまだまだ「妻が夫の浮気調査を依頼するパターン」が多いなか、妻の浮気調査に対する実績やノウハウを蓄積している探偵社です。その上で、原一探偵事務所は組織力と安定感東京探偵社AIは弁護士が経営する探偵社という信頼、さらに法務面での強さと関東エリアに特化したノウハウという、それぞれのストロングポイントがあります。妻の浮気調査をお考えであれば、選択肢のひとつとしてご検討ください。

原一探偵事務所
事務所:全国主要都市に直営18の支社(全国対応
原一探偵事務所
原一探偵事務所 は1974年の創業以来、つねに日本の探偵業界を牽引してきた業界屈指の老舗事務所です。全国主要都市に直営18の支社を持ち、スタッフ数も120人を超える大所帯。総合探偵社なのでどんな調査にも対応可能ですが、とりわけ浮気調査には定評があります。妻の浮気調査も過去に数えきれないほどの実績があるようですので、組織力と安定感を重視する探偵選びであれば、原一探偵事務所も選択肢のひとつとなるでしょう。

東京探偵社AI
本社:東京都新宿区西新宿6-22-1

東京探偵社AIは弁護士が経営する業界初の探偵社として有名です。しかもその経営母体の弁護士事務所は全国8拠点、所属弁護士50名以上の大規模事務所なので信頼感、安心感も言うことなし。もちろん法務面でも強く、離婚や慰謝料等の裁判ノウハウも完璧で頼りになります。ただし、調査範囲は東京を中心に関東エリア限定。あえて調査範囲をしぼってノウハウを蓄積している職人型探偵社と言えます。

まずは無料のオンライン探偵紹介サービスから



街角探偵相談所《無料オンライン探偵紹介サービス》
街角探偵相談所

〇 相談・概算見積り 何度でも何社でも無料
〇 コンシェルジュが、あなたの悩みを徹底サポート。
〇 紹介するのは基準をクリアした安心の探偵社のみ。
〇 このサイトからの紹介で、定価の20~40%OFFも!
〇 他社の見積の提示で、より安い探偵社をご紹介。

気調査の探偵探し、それでもまだ迷っているかた、多いと思います。そんな人にまずおすすめしたいのが、探偵の無料マッチングサイト「街角探偵相談所」。まずはサイト内にある、「浮気・不倫調査無料シミュレーター 」を試してみましょう。わずか30秒で、あなたにぴったりの探偵社を無料匿名査定してくれます。毎月の利用者数が2000人を超えるくらいの人気サービスだそうです。


【街角探偵相談所】公式サイトもチェック!