旦那がかまってくれない!寂しい妻の気持ちと男性心理

今回の相談内容

相談者A
最近旦那が私のことを全くかまってくれないので寂しくてしかたありません。毎日仕事が忙しいのはわかりますが、休日でも自分の趣味ばかりですし、当然夜の生活もゼロ。旦那を振り向かせるいい方法ありませんか?

今回の記事あらまし

旦那がかまってくれない理由
かまってくれない旦那の男性心理
旦那がかまってくれない時の改善策

・・・などなど、
当記事では、ざっと、こんなことが書いてあります。

突然ですが、「旦那がかまってくれない‥」と悩んでいたりしませんか?「そういえば‥」「実は私も‥」と心当たりがある人は、意外と多いのではないでしょうか?そんなかたは、旦那さんがかまってくれない理由を知り、できるだけ早く状況を改善したいですよね。

当記事では、旦那さんがかまってくれない理由かまってもらえるようになる改善策について詳しく紹介したいと思いますので興味あるかたは是非ご一読下さい。まずは、旦那さんがかまってくれない理由からみていきましょう。

旦那さんがかまってくれない理由

子どもがいるから

これは男性女性かかわらず、一般的に夫婦は子供ができる事で、それまでの「男と女」という関係から、いきなり「家族」という関係にマインドが切り替わってしまいます。そのため恋人同士のように接するのは難しく、結婚した相手とのセックスも次第におざなりになり、セックスレスが常態化するようになります。

仕事が忙しい

世の旦那さんの大多数は、家族をきちんと養うために毎日一生懸命働いています。いっぽう仕事がない日はというと、「休みの日くらいはゆっくりしたい」と考え、やはり夫婦間のコミュニケーションがおざなりになりがちです。こんな時、奥様はかまってくれない旦那さんに無理して話しかけたりすると逆効果の場合が多いです。むしろ、そっと労いの言葉をかけてあげるのが一番です。

マンネリ化している

長期間一緒に生活していると関係がマンネリ化してしまい、パートナーに魅力をあまり感じなくなるのはよくあることです。マンネリ化しないように日頃から遊びに出かけたりするのがおすすめです。夜の生活も同じようなセックスを続けていると作業に感じて憂鬱になってしまい、セックスレスになってしまう夫婦が増えてきています。

旦那さんがかまってくれなくて寂しい気持ちを乗り越える方法

旦那さん以外の人と過ごす

寂しい気持ちを紛らわすためには、かまってくれない旦那さんの代わりに、誰か他の人と一緒に過ごすのがおすすめです。旦那さんがいなくて寂しい時は、友人や親、兄弟など他の人とできる限り楽しく過ごして気を紛らわしましょう。

仕事をしたり趣味を楽しむ

寂しい気持ちを紛らわすためには、仕事をするのも良いかと思います。いつもよりも仕事を頑張ってみたり、新しい資格取得を目指して勉強してみたりするのがおすすめです。旦那さんがいなくて寂しい時は、自分磨きをするチャンスとポジティブに考えましょう。

旦那さんに悩みを打ち明ける

多少会話ができるという状態であれば旦那さんに直接悩みを打ち明けたりしてみるのもおすすめです。旦那さんがもともと大雑把な性格で、奥さんが寂しがっている事に気づいていない可能性もあります。旦那さんにさりげなく「かまってくれないので寂しい」と伝えると、飲み会、残業、趣味の時間を減らしてくれるかもしれません

かまってくれない旦那を自分に振り向かせるコツ

旦那の言いなりにならない

現在では考えられないかもしれませんが、昭和の時代は、旦那さんに何を言われても従い、3歩後ろを歩く控えめな奥さんが理想の妻とされていました。しかしながら現在では、旦那さんを虜にするには、自分の思い通りになる奥さんではなく、むしろ自分の思い通りにならない奥さんです。

甘え上手になる

男性は、女性を守って、教えて導きたいという指導欲求が少なからずありますが、それ以上に、女性から認めてもらいたい、褒められたい、尊敬されたい、頼られたいという承認欲求があります。いきなりは照れくさいかもしれませんが、たまには旦那さんに甘えてみるのがおすすめです。

想定外な事をする

男性はどんなに熱をあげていた女性に対しても、一度自分の奥さんにすると、基本的には、関心があまりなくなります。そうならないために未知の部分を残したまま旦那さんと関わり、関心をずっと持ってもらうようにします。

何年一緒にいても、「え?こんな一面があったんだ」と旦那さんを驚かせて、ドキドキさせてギャップ萌えさせるようにすると良いです。旦那さんに想定外と思わせる状況を作ることこそ、かまってくれない旦那さんを振り向かせる最良の方法かもしれません。

イベントや記念日を大切にする

イベントや記念日を大切にするのも、かまってくれない旦那さんを振り向かせるコツです。自分の奥さんが、出会った頃から記念日やイベントを大切にしているような人なら、旦那さんも否応なく、一緒にそれらイベントを楽しむことが習慣化されます。

もしお子さんができると、子どもを交えて一緒にイベントを楽しむ事になりますが、それはそれで幸せな時間です。家族でイベントや記念日を楽しむことで夫婦の絆も深まるはずです。

旦那さんに一人の時間をあたえる

個人差はありますが、女性が何か壁にぶつかったり、何か悩み事ができた時「誰かに聞いてもらいたい」「相談にのってもらって共感してもらいたい」という気持ちが強くなります。

しかし、男性は1人で考えて、自己解決する事が多いため、そんな時にさりげなく一人にしてあげる事ができると、旦那さんはあらためて奥さんの魅力、日々の感謝を感じ、かまってくれるようになるかもしれません。

自立している

基本的に夫婦は、お互いに足りないところをカバーしあう存在で、どちらかに偏って依存するという関係は、重荷になるだけです。全て旦那さん任せではなく、自分で判断したり、最低限自分でできる事はするようにしないと自立していないと思われ、余計に関心を持ってもらえなくなります。実家暮らしで一人暮らしせずに結婚したため、自分で最低限の事ができないという場合は、ネットなどで情報を調べて1つ1つできる事を増やしていくと良いです。

感謝の気持ちを伝える

夫婦であっても日頃から「ありがとう」など感謝の気持ちを相手に伝えることは何よりも大切な事です。夫婦生活を長い間過ごしていると当たり前に感じてしまい、ついつい感謝の気持ちが薄れてしまい事もあるかもしれませんが、旦那さんが奥さんの事を思って行動してくれたり、気にかけてくれた時は、ありがとうと感謝の気持ちを素直に伝えると良いです。
そうする事で「旦那がかまってくれない」という状況を変えるきっかけにもなります。

旦那さんが浮気しているか気になるなら

当記事ではここまで「旦那さんがかまってくれない」理由や改善策についていろいろとまとめてきました。

ただ、ここまで書いて非常に言いづらいのですが、旦那さんが急にかまってくれない原因として最も疑われるのは「他の女」の存在。すなわち、浮気です。

もしあなたの旦那さんに以下のような兆候がみられるようなら浮気を疑ってもいいかもです。

もしかして浮気?

浮気の兆候チェック項目(一部抜粋)

□自宅で携帯電話に着信があっても出ない
□アドレス帳に苗字のみで登録してある
□パスワードを頻繁に変えるようになった
□いつも携帯メールがすべて削除されている
□外見・下着が派手になってきた
□手帳に意味不明の記号が書いてある
□帰宅してすぐに風呂に入るようになった
□車のシートの位置が変わっている

(参照:www.tsubasa-tantei.com/uwakicheck.html/)

上記チェックリストはあくまで一部です。

ただ、浮気している男性は浮気相手に夢中なので、必然的に奥さんに対する関心度は下がります。これだけは間違いありません。

そして、仮に旦那がかまってくれない原因が浮気である場合は、「甘え上手になる」等、上述したような解決策はほぼ無意味です。体調不良の原因が「癌」であるのに、早寝早起きと十分な睡眠をこころがけても回復しないのと同じです。

再構築のために探偵を利用

もし旦那さんに浮気が疑われる場合は探偵事務所に相談するなど、早めの対応が必要になります。探偵による浮気調査というと、「離婚に向けた第一歩」というイメージがあるかもしれませんが、実は逆です。探偵に浮気調査を依頼する人の7割は、実は離婚することに消極的で、むしろパートナーとの関係を再構築を望んでいます。詳しくは下記をご参照下さい。
 

どちらせよ、対策をとるなら早いほうがいいです。最近は街角探偵相談所のように、浮気調査をした結果、「白」つまり浮気の事実がなかった場合は調査費用は0円(無料)といったところもあるので、疑心暗鬼でモヤモヤしているくらいなら一度相談してみるのをおすすめします。
 

まとめ

今回は、「旦那さんがかまってくれない」と悩んでいる人にむけて、旦那さんがかまってくれなくなった理由、かまってもらえるようになるコツを紹介しました。

当記事の内容を今日から全て実践するのは難しいかもしれませんので、できる事から徐々に実践してみる事をおすすめします。また、後半に浮気の可能性についてふれましたが、もちろん単なる考えすぎの取り越し苦労、という場合も多々あります。そうであることを祈ります。

いろいろと努力をして、それでも何の変化もなく相変わらずの状況が続くようであれば、一度探偵に相談してみることもアリだと思います。最近は夫婦関係の再構築のために探偵を利用する人が増えています。あなたと同じような悩みを抱えている人がたくさんいるんです。それでは検討をお祈りします。

タイトルとURLをコピーしました