【妻の浮気】夫の立場で「許す」「許さない」は戦略的に決断すべき!

最近は妻の浮気・不倫を簡単に許す夫が増殖中。

妻の浮気を許す
妻の浮気・不倫が発覚。でも、「お前、他の男と浮気してるだろ!今すぐ出ていけ!離婚だ!」と、威勢よく、妻の浮気・不倫をとがめるような昭和堅気の夫も最近はすっかり少なくなっているようです。別の記事でも書きましたが「不倫女子のリアル」〈小学館新書/沢木文:著〉という書籍の中で、妻の浮気・不倫に直面した際の夫の反応について興味深い記述がありました。「奥さんの浮気を知った夫の大部分は、離婚したいのではなく、"相手の男と妻を別れさせてほしい″と思っている」とのこと。つまりほとんどの夫は、許しがたい妻の不貞を許し、離婚までは何としても避けたいと考えるようです。

妻の浮気を「許す」理由も、現代社会を表しています。例えば、子供の世話(食事、風呂、睡眠、保育園や幼稚園の送迎、宿題の監督、学校行事、弁当…etc)や、家事(料理、掃除、洗濯、ゴミ出し…etc)、地域の人間関係実家のケアなど、妻が担当している仕事は思いのほか多い。妻の浮気が発覚したからといって、いま妻と離婚したら、当然、このようなことを全て夫ひとりでやらなくてはならない。妻の浮気に対するやり場のない怒りをなんとかこらえ、妻を許し、離婚という選択肢を排除して、何とか妻の浮気・不倫を止めさせたいという夫の考えも、分からなくはない気がします。以下この記事では、一時的な感情を爆発させるのではなく、今後の人生を考え、冷静かつ戦略的に「妻の浮気」と対峙するテクニックをまとめてみます。

妻の浮気に対して、夫がとるべき戦略とは?

探トリ.COMのワンポイント解説

妻の浮気。旦那さんのショックは想像以上でしょうね。本音としては「 許せない 」けど、現実的なことを考えると「 許さざるをえない 」。結局のところ、 やむを得ず許すしかない 、という男性が多いはずです。確かに、子供や家事のことを考えると、簡単に離婚というわけにもいかないでしょう。辛い心情お察しします。。


アシスタント☆ロボ

デスね。働き盛りの旦那さんはタイヘンですよね。


探トリ.COMのワンポイント解説

でも、ちょっと待った!妻の浮気に気づいても、グッと堪え、「いつかは別れるだろ」と現実から目を背けていれば、それで丸く収まるのか?もちろんダメですね。妻の浮気を許すにしても、その大前提として、妻には深く反省させなければなりません。反省させないと、今後同じことを繰り返しかねません。今後のためにも、旦那さんは戦略的に、冷静に行動すべきです!


妻の浮気で悩んでいる方へ。
妻を「許す」「許さない」に関わらず、
“証拠”だけは必ず押さえておくことです!


浮気している妻を「許す」という決断は、それはそれで間違ってないでしょう。許す、許さないに正解はありません。当事者でないと分からない、様々な事情があるからです。ただし、あなたが「浮気された夫の立場」で必ずすべきことがあります。それは妻の浮気を確証する「決定的な証拠」集めです。なぜか?その理由はざっくり以下3つ。

①妻に浮気の事実を認めさせ、心底反省させる。
②その気になれば妻の浮気相手からも慰謝料が獲れる。
③将来的に、万が一「離婚調停」になった際に役立つ。


特に③は重要です。今回はとりあえず許すとしても、これからのことは誰もわかりません。キツいことを言えば、「2度あることは3度ある」です。妻の浮気が今後繰り返され、結局、離婚調停や裁判になるケースもよくある話です。そんな時、法廷レベルで通用する「決定的な証拠」は大きな武器になります。

ただし、決定的な証拠集めは素人ではなかなか難しいのも事実。浮気調査に慣れているプロの探偵に相談するのが効率的です。必勝法としては、まず最初に探偵の無料紹介サービスを使うこと。最近は「探偵探しのタントくん」のように、探偵を無料で紹介してくれるサイトがあります。予算やエリア等、自分の条件に合う探偵を提携先の中から無料でピックアップしてくれますし、費用の相見積もりも手軽にとることができるので、とても人気のサービスです。無料マッチングの後、その先に進むかどうかはあなた次第。別に途中でやめたってOK例えるなら「保険の窓口」みたいな感じでしょうか。

探偵さがしのタントくん
《当サイト 読者人気でも急上昇!》
探偵選びのセカンドオピニョンに最適と評判です。
無料相談「タントくん」公式ページはこちら。
浮気調査の探偵選びは「もう疲れた…。」
1社でいいので「おススメの探偵を知りたい!」なら

妻の浮気・不倫を許す前にすべきこと ①

戦略と必勝法①
妻と徹底的に話し合い、心から反省させる。




繰り返しますが、妻の浮気を許すと決めても、臭いものにフタをするかのごとく、気づかないふりをすることはもっともやってはいけないパターンです。少なくとも浮気相手の男と別れさせ、妻に心から反省させなければ、物事はなにも解決しないでしょう。妻を許しても、妻の浮気・不倫まで許してはいけないのです。(もちろん、妻の浮気相手も許してはいけません。場合によっては法的に制裁を与えることだって可能です。)

妻と話し合う際には夫としてもある程度の準備が必要です。仮に妻の浮気・不倫が事実であったとしても、それを客観的に証明するような確固たる物証を、あなたは押さえていますか?よく言われますが、妻の浮気・不倫の確実な証拠となるものはマストです。この証拠がないと、のらりくらりと話の論点をすり替えられて「結局なんの話だったっけ?」ということになりかねません。

一般的に妻の浮気・不倫には、なかなか確固たる証拠を発見できないことが多いようです。妻の浮気・不倫は用意周到に準備され、ひとかけらの証拠も残さないように最新の注意が払われ実行されるのです。では夫はどうするべきか?答えはひとつ。決して妻に気付かれることなく粛々と妻の浮気・不倫の証拠を集めて、来るべき訴訟のタイミングにそなえることです。先に問い詰めれば、妻のガードは硬くなります。妻の浮気・不倫を疑っても、夫としては気付かないふりをすることです。浮気妻を泳がせているその間に、ひとり粛々と妻の浮気・不倫の証拠を集めること。それが第一です。

もう一度繰り返しますが、妻を許すことと、妻の浮気を許すことは全く別問題と割り切りましょう。思考のチェンジが必要です。「罪を憎んで人を憎まず」ではないですが、妻の罪=浮気・不倫まで許してしまったら妻のためになりませんし、今後もしかしたら同じような過ちが繰り返される可能性だってあります。妻の浮気に関しては、許すことなく徹底的に話し合って、妻に反省させましょう。そのためにはまず、論理的な証拠が必要なのです。

妻の浮気・不倫を許す前にすべきこと ②

戦略と必勝法②
妻の浮気・不倫を許す前に、あなた自身も内省してみましょう。




上記のように妻と徹底的に話合う前に、妻を許す前提で、一度あなた自身の考えや行動などについても深くかえりみることも有益です。「妻の浮気・不倫という行為の原因は何か?」「夫である自分にも何パーセントか、原因があるのではないか?」妻に浮気されたうえで、妻を許し、さらにここまで考えられる余裕はなかなか無いかもしれませんが、その余裕があなたの人間としての器の大きさに繋がります。1UPです。ところで「浮気がバレる男、バレない女」〈フォレスト出版/今野裕幸:著〉では、妻の浮気の原因として以下10項目がピックアップされています。

①男性から誘われた。
②夫から褒められない。女として見られない。
③夫への愛情が薄れ、単調なセックスをする気が起きない。
④相談にのってもらっているうちに本気になった。
⑤毎日の同じ繰り返しが嫌になった。
⑥育児などから解放されて孤独感から。
⑦夫が他のことで忙しく、自分がないがしろに。
⑧夫との意思疎通不足。
⑨夫からの愛情を感じられない。

⑩日常をもっと楽しみたい。

まあ、言い訳といえばそれまでですが、例えば②とか⑦⑧⑨あたりが本当ならば、夫という立場であなた自身も少しは反省し、より大らかな視点で妻を許すこともありではないでしょうか?この際なので、妻とは徹底的に本音で語りあうことが大切です。そのためには何もかも隠さず、一度、全てをオープンにテーブルに上げること。繰り返しますが、あなた自身も妻の浮気のすべてを確実な証拠と共に事実関係を把握しておく必要があるのです。

妻の浮気・不倫を許す前にすべきこと ③

戦略と必勝法③
妻の浮気は「許す」「許さない」関係なく、まずは証拠収集。



上のグラフを見てください。大手探偵社のデータです。妻の浮気・不倫に気付いたら、あなたが妻を許すか、許さないかは置いておいて、まずやるべきことがあります。それは要するに、妻の浮気・不倫が発覚した時点で、まずは妻の浮気・不倫に関する決定的な証拠を集めることです。その証拠ですが、はっきり言えば、法定で争えるレベルの証拠でないと意味がありません。妻の浮気・不倫の証拠になるものは、「誰が見ても、客観的に判断して、明白な浮気の痕跡を証明するもの」である必要があるということです。とはいえ、素人では中々難しいのも事実。できれば夫の浮気・不倫調査を得意とする探偵社(興信所)に相談したいところです。

探偵社の調査員はさすがに浮気調査のプロだけあって、慣れた感じでささっと調査をして、妻の浮気・不倫の証拠を集めた分厚い調査報告書にまとめてくれます。その内容はまさに離婚裁判用に編集された完璧な内容です。さらに、必要に応じて離婚裁判に強い弁護士も紹介してくれるでしょう。もちろん少なからずの出費は発生しますが、多少の金銭的余裕があるのであれば、プロの探偵(興信所)に相談するほうが、費用対効果としても間違いないと思います。

いちおう明記しておきたいのですが、妻の浮気・不倫というトラブルにあたり、裁判や離婚は最終手段です。できれば円満に解決し、普段の平和な日常が戻るのがベストでしょう。でも夫であるあなたが許す、許さないにかかわらず、物事は進展していきます。夫が妻を許しても、浮気している張本人の妻のほうが離婚を望む可能性だって大いにあります。だから、最初から最悪の事態(離婚裁判)を想定しておくことが大切なのです。ドロドロの離婚裁判、慰謝料、親権、養育費…等々。かりに法定で争うことになった場合に備え万全の対策をとっておくことで、後々の展開にもスムーズに対応していけることは間違いありません。

妻の浮気・不倫の証拠を押さえてくれる、おすすめの探偵(興信所)は?

参考までに、妻の浮気調査について、安心して依頼できる探偵を2つほどご紹介しておきます。正直いって妻の浮気調査を依頼する際に、探偵はこの2社でないと絶対ダメなわけではなく最終的には皆さんの相性とフィーリングで決めればいいと思います。以下2社はいずれも浮気調査の実力に関しては何の心配もないという点、あとは、アフターフォロー体制が充実していて、仮に妻を全面的に許し、離婚を望まない場合でも、夫婦関係の再構築にあたり専門のアドバイザーが助言してくれる点でしっかりしています。その上で、原一探偵事務所は組織力と安定感響Agentは弁護士が経営する探偵社という信頼、さらに法務面での強さという、それぞれのストロングポイントがあります。妻の浮気調査をお考えであれば、選択肢のひとつとしてご検討ください。

原一探偵事務所
事務所:全国主要都市に直営18の支社(全国対応
原一探偵事務所
原一探偵事務所 は1974年の創業以来、つねに日本の探偵業界を牽引してきた業界屈指の老舗事務所です。全国主要都市に直営18の支社を持ち、スタッフ数も120人を超える大所帯。総合探偵社なのでどんな調査にも対応可能ですが、とりわけ浮気調査には定評があり、過去に数えきれないほどの実績があるようです。組織力と安定感を重視する探偵選びであれば、原一探偵事務所も選択肢のひとつとなるでしょう。

響(ひびき)・Agent
本社:東京都港区赤坂7-2-21草月会館7階
響(ひびき)・Agent
響Agentは弁護士が経営する業界初の探偵社として有名です。しかもその経営母体の弁護士事務所は全国3拠点、業界でも最大規模なので信頼感、安心感も言うことなし。もちろん法務面でも強く、離婚や慰謝料等の裁判ノウハウも完璧で頼りになるでしょう。特に弁護士監修の調査報告書はクオリティ抜群で定評があります。

初心者のための浮気調査 必勝法!~その①

浮気調査の探偵選びに迷ったら、
まずは無料のオンライン探偵紹介サービスがおすすめ!

探偵さがしのタントくん《下記画像をクリック!》

気調査。初めての探偵探し。いろいろと迷っているかた、多いと思います。そんな人にまずおすすめしたいのが、探偵の無料マッチングサイト「探偵探しのタントくん」。タントくんを利用すれば、全国の優良探偵社の中から、あなたにピッタリの探偵社を2分で無料診断できます。もちろん探偵社に個人情報が伝わることもありません。無料マッチングの後、その先に進むかどうかはあなた次第。別に途中でやめたってOKお手軽なので、探偵選びの初心者を中心に、利用者数も1万人を突破しています。

〇 相談から紹介まで 何度でも何社でも無料
〇 スタッフが中立的立場で最適のアドバイスを。
〇 紹介するのは信頼できる安心の探偵社のみ。
〇 相談者の暮らす地域に合わせた探偵社も紹介可!
〇 夫婦関係の再構築が得意な探偵とも多数提携!


【探偵さがしのタントくん】公式サイトもチェック!

初心者のための浮気調査 必勝法!~その②

探偵選びは「もう疲れた…。」
1社でいいので「おススメの探偵を知りたい!」なら。

パートナーの浮気は精神的にも肉体的にも思った以上のダメージになります。中には「探偵社をいろいろと比較検討するような精神的余裕がない」「1つでいいので、ここなら安心という探偵社が知りたい」というかたもいるでしょう。そんな人は、とにかく多くの人に支持される、実績の豊富な探偵社を選ぶのがベスト。参考までに、当サイトの人気探偵ランキングをまとめていますのでチェックしてみて下さい。(下の画像をクリック!)