【最高裁】離婚の慰謝料を不倫相手に請求NG!慰謝料対策はお早めに!

浮気が原因による離婚慰謝料について、2019年2月19日に最高裁判所であらたな判決がでましたので、簡単にまとめておきます。当サイト「探偵トリセツ.COM」の読者さまにも似たような境遇のかたは多く、特に慰謝料に関しては多くの質問がよせられます。まずは時事通信のニュースを引用します。

≪時事通信の記事より引用≫
不倫相手には請求できず=離婚の慰謝料、初判断‐最高裁

配偶者の不倫が原因で離婚した場合、不倫相手に離婚に対する慰謝料を請求できるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は19日、「特段の事情がない限り、請求できない」との初判断を示した。争いになったのは、離婚による精神的苦痛の慰謝料。不倫行為自体に対する慰謝料は、行為を知った日から3年以内であれば、配偶者と不倫相手双方に請求できる。

第3小法廷は判決で、「離婚は本来、夫婦間で決められるべき事柄で、離婚させたことの責任を不倫相手が直ちに負うことはない」と指摘。不倫相手に離婚の慰謝料を請求できるのは、「離婚させることを意図し、夫婦間に不当な干渉をした場合」に限られるとした。その上で、不倫相手に慰謝料など198万円の賠償を命じた一、二審判決を取り消し、原告側の請求を棄却した。

上告審判決などによると、原告の関東地方の40代男性は1994年に結婚し、2人の子どもをもうけたが、2010年に妻の不倫が発覚。15年に離婚し、同年、不倫相手に慰謝料など495万円の賠償を求めて提訴した。

簡単に言えば、以下の図のようになります。


1994年に結婚した夫婦は2人の子供を授かり幸せな生活を送っていました。ところが結婚から6年後の2010年に、あろうことか妻の浮気が発覚。幸せな家庭はいっきに崩壊し、夫婦関係も冷え切ったものに。離婚する、しないの協議が続き、結局5年後の2015年に離婚成立。腹の虫がおさまらない元夫は、妻の浮気相手に495万円の離婚慰謝料を求めて提訴。約4年続いた裁判は最高裁までもつれ、2019年の2月にようやく最終判決。最高裁は「特段の事情がない限りは、請求できない」と、原告である元夫の請求を棄却しました。

誤解注意!不倫行為自体の慰謝料は3年以内であれば請求可能です。

ここで押さえておくべきポイントがあります。今回の最高裁判決は「離婚したことによる精神的苦痛」に対しての慰謝料は“そんなの請求できませんよ”という判決です。「不倫したことによる精神的苦痛」に対しての慰謝料は、従来通り認められることに変わりありません。ただし、不倫発覚から3年以内であればという条件付きです。

もう一度、今回の話を時系列でみてみましょう。これからはあくまで私の推測です。この夫は2010年に妻の浮気が発覚した時点で、さっさと妻の浮気相手を訴えればよかったと思いませんか?「妻と不倫しましたよね?私は多大な精神的苦痛を受けています。慰謝料払ってください!」と。浮気発覚から3年以内であれば、不倫行為自体に対する慰謝料は、発覚から3年以内であれば余裕で請求できるのですから。それがずるずると5年も引きのばしたものだから、不倫行為自体に対する慰謝料は時効によって請求できなくなったのでしょう。それで、「離婚したことによる精神的苦痛」という切り口で慰謝料を請求するしかなかった、と。ざっとこういうストーリーが推測されますがいかがでしょうか?原告の元夫は気の毒といえば気の毒ですけど、そりゃ、判決はもつれますよね。もし皆さんで似た境遇のかたがいれば、かなり参考になる事例ではないでしょうか?

まとめ(アドバイス)

当判決の原告男性(元夫)は確かに気の毒ですが、いろいろな教訓を与えてくれます。もし、当サイトの読者のかたにアドバイスすることがあるとすれば、「パートナーの浮気が発覚したら、すぐに動くべし!」ということです。

今回の事例を例にさせてもらいます。まず2010年、妻の浮気が疑われた時点で、夫はいち早く、より確実な証拠を押さえるべく水面下で動くべきでした。一般的に男性はなるべくなら妻との離婚を回避し、夫婦関係の再構築を望む人が多いようです。それはそれでいいでしょう。でも、どんなに復縁を望んでも、今回の事例のように結局ドロ沼の裁判に進展するケースも多々あります。先のことなんて誰も分かりません。だから、最悪の時代を想定して、裁判の準備(法廷で採用されるレベルの証拠集め)だけは必ず早めにしておくべきです。


妻の浮気で悩んでいる方へ。
妻を「許す」「許さない」に関わらず、
“証拠”だけは必ず押さえておくことです!


妻の浮気がわかっても、「すぐには離婚したくない」と考える旦那さんが多いようです。浮気している妻を「許す」という決断は、それはそれで間違ってないでしょう。許す、許さないに正解はありません。当事者でないと分からない、様々な事情があるからです。ただし、あなたが「浮気された夫の立場」で必ずすべきことがあります。それは妻の浮気を確証する「決定的な証拠」集めです。なぜか?その理由はざっくり以下3つ。

①妻に浮気の事実を認めさせ、心底反省させる。
②その気になれば妻の浮気相手からも慰謝料が獲れる。
③将来的に、万が一「離婚調停」になった際に役立つ。


特に③は重要です。今回はとりあえず許すとしても、これからのことは誰もわかりません。キツいことを言えば、「2度あることは3度ある」です。妻の浮気が今後繰り返され、結局、離婚調停や裁判になるケースもよくある話です。そんな時、法廷レベルで通用する「決定的な証拠」は大きな武器になります。

ただし、決定的な証拠集めは素人ではなかなか難しいのも事実。浮気調査に慣れているプロの探偵に相談するのが効率的です。必勝法としては、まず最初に探偵の無料紹介サービスを使うこと。最近は「街角探偵相談所」や「探偵さがしのタントくん」のように、探偵を無料で紹介してくれるサイトがあります。予算やエリア等、自分の条件に合う探偵を提携先の中から無料でピックアップしてくれますし、費用の相見積もりも手軽にとることができるので、とても人気のサービスです。無料マッチングの後、その先に進むかどうかはあなた次第。別に途中でやめたってOK例えるなら「保険の窓口」みたいな感じでしょうか。


《当サイト 読者人気でも急上昇!》
探偵選びのセカンドオピニョンに最適と評判です。
無料相談「街角探偵相談所」公式ページはこちら。
浮気調査の探偵選びは「もう疲れた…。」
1社でいいので「おススメの探偵を知りたい!」なら

浮気調査の探偵選びに迷ったら、まずは無料のオンライン探偵紹介サービスがおすすめ!

安定した人気の「街角探偵相談所」

街角探偵相談所《下記画像をクリック!》

気調査。初めての探偵探し。いろいろと迷っているかた、多いと思います。そんな人にまずおすすめしたいのが、探偵の無料マッチングサイト「街角探偵相談所」。まずはサイト内にある、「無料シミュレーター 」を試してみましょう。わずか30秒で、あなたにぴったりの探偵社を無料匿名査定してくれます。気楽に匿名で相談が可能。途中でやめるのも自由。初心者を中心に毎月の利用者数が2000人を超えるくらいの人気サービスなのも納得です。

〇 相談・概算見積り 何度でも何社でも無料
〇 コンシェルジュが、あなたの悩みを徹底サポート。
〇 紹介するのは基準をクリアした安心の探偵社のみ。
〇 このサイトからの紹介で、定価の20~40%OFFも!
〇 他社の見積の提示で、より安い探偵社をご紹介。
仮に浮気の事実がなければ、調査費用は0円。New!


【街角探偵相談所】公式サイトもチェック!

「タントくん」も相談者数1万人突破

探偵さがしのタントくん《下記画像をクリック!》

記、「街角探偵相談所」と共に人気の探偵紹介サービスがこちら「探偵さがしのタントくん」です。タントくんを利用すれば、全国の優良探偵社の中から、あなたにピッタリの探偵社を2分で無料診断できます。もちろん探偵社に個人情報が伝わることもありません。無料マッチングの後、その先に進むかどうかはあなた次第。別に途中でやめたってOKお手軽なので、探偵選びの初心者を中心に、利用者数も1万人を突破しています。「街角探偵相談所」も「タントくん」も基本的なサービス内容はほぼ同じなので、自分と相性の合うほうを利用すればいいでしょう。

〇 相談から紹介まで 何度でも何社でも無料
〇 スタッフが中立的立場で最適のアドバイスを。
〇 紹介するのは信頼のできる安心の探偵社のみ。
〇 相談者の暮らす地域に合わせた探偵社も紹介可!
〇 復縁を得意とする探偵社とも多数提携。紹介可!


【探偵さがしのタントくん】公式サイトもチェック!